今年は取るぞ

こんにちは、編集部の山内です。

 

「これでもか」と言うくらい影響を受け、今年の課題は「メモ」となりました。

積み重ね、習慣になれば色々とプラスになる事が多そう、

まずは「今年の課題はメモを取ること」とメモ。

 

キタマチdiary

 

 

不安な幕開け

こんにちは、編集部の山内です。

 

年末年始の補充を除けば、編集部は今日が仕事始め。

タイトなスケジュールがお正月休みで更に日程を削られると言う

いつも以上に不安な日程。

編集長に聞けば「何とかなりそう」と余裕の一言。

鵜呑みにして良いのか?謎が謎を呼ぶ不安しかない新年のスタート、

本年もどうぞ「キタマチdiary」を宜しくお願い致します。

 

キタマチdiary

過去形です

こんにちは、編集部の山内です。

 

キタマチdiaryの第3号(12月20日号)の配布が昨日から始まりました。

お知らせとしては失格の過去形、忙しさを理由にしっかりと感けています。

「ポスティングの方は本日より始まっています。」と言う現在進行形で

こちらはギリギリセーフ。

最新号はページ数も増して内容もより充実、

探してでも手に取ってみて頂きたい一冊に仕上がっています。

 

設置スポットに配布予定ですが、日程のズレ込む可能性があります。

 

設置スポット

最終チェック

こんにちは、編集部の山内です。

 

ブログを書く間が無いほどバタついています。

来週の発行に向け、原稿の最終チェック段階まで辿り着きました。

通常の間違い探しは「二つの絵を比べ7つの間違いを探しなさい。」ですが

一つの原稿を見て「有るか無いか、そしてもし有った場合もいくつか分からない」

と言う着地地点のまるで見えない作業となっています。

夢に出てくるし、出来る事なら避けて通りたい作業の代表格と言えます。

 

キタマチdiary

あと少し

こんにちは、編集部の山内です。

 

ハローズ(駅家、戸手、高木)などに置かれているキタマチdiary、

誰かが勝手に届けてくれるはずも無く、自分達でチェックし補充しています。

とにかく地味な作業、ですが10月号も残りわずか、来週中には無くなりそうです。

その後10日ほどで12月号の配布がスタート、週2での補充活動が再開です。

誰にも気付かれませんが誰よりも配ってます、

見かけた際には優しい視線で見守って下さい。

 

キタマチdiary

予感

こんにちは、編集部の山内です。

 

本業は洋服屋であり、キタマチdiary編集部の一員ですが

今週はイチゴの売り方をひたすら考えています。

この福山市神辺、駅家にイチゴ農園がある事が意外と知られていない事実、

認知度アップ、販売促進の大きな伸び代を感じています。

「イチゴの街になるんじゃね?」と結構真剣に考えています。

 

キタマチdiary

同時進行中

こんにちは、編集部の山内です。

 

さあ、いよいよ時間が無くなって来たようです。

と言う訳で、ほぼ初めての取材営業に出かけました。

段取りの悪さから急な申し込みとなりましたが丁寧に対応頂き

ありがとうございます。

皆様の優しさと自身の能力不足を同時進行で感じています。

分かる人には分かるのかな?そう、あのお店です。

 

キタマチdiary

 

ひらめいた!

こんにちは、編集部の山内です。

 

一人で考えているのが嘘のように、人との会話の中から企画記事が生まれます。

まだ年明けの話ですが、強引にねじ込んでもらおう。

「ありがとう」が連鎖する企画記事、やらない理由が見当たらない。

 

キタマチdiary

薄情者

 

 

こんにちは、編集部の山内です。

 

時間はいつも薄情です、まだ先だろうと余裕で構えていましたが

いつの間にか削られ「〆切」に詰め寄られた状況になっています。

他にもあれやこれや、来週も休みは無さそうです。

 

キタマチdiary

 

 

陰謀説

こんにちは、編集部の山内です。

 

東京帰りの編集長からお土産と手渡されたボールペン。

その後に一言、何やらポツリ

「ペンケースを忘れたからボールペン貸して。」

真実か? 冗談か? それとも何かの陰謀か?

 

キタマチdiary